建築実例

東京都A様邸

トップライトから差し込む光を取り囲むように各フロアがらせん状に連続し対面する空間構成は、時に生活者同士に親密さを生み出し、時に心理的な距離感を確保します。
朝夕や四季の経過に伴う光の反射と生活者の視点によって変わる様相が、精神的な領域感覚を広げ、建築が生活者の感情に対して開かれていくことを目指しています。

pagetop